トップメッセージ

最新のテクノロジーとビッグデータを基に地震被害から人々を守る

“生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造をめざします。
これは創業者である現会長山本が掲げ続けてきた経営理念であり、私の代になっても変わることなく守り抜いていく言葉です。この看板に偽りなく我社は『地盤セカンドオピニオン®』にはじまり、『地盤安心マップ®PRO』『地盤安心カルテ®』など、住宅地盤業界において生活者と供給者との情報格差を埋めるビジネスモデルに取組んできました。

最近では、日本で普及が遅れているBIMによる世界水準の『高精細パース&動画』が好評を博し、新たなビジネスの柱に成長しています。更には、個人のお客様からの地盤相談・住宅建築のご注文・移住の問合せまでいただくようになりました。『安心な地盤』そして『信頼できる住宅会社』がコストやネームバリューにとってかわる時代が到来したことを実感しております。

引き続き経営理念の実現に向かい、株主・投資家の皆様は当然のこと、お客様・お取引先様・社会の皆様・社員、そして社員の家族を含めステークホルダーの皆様から『信用される会社』の次のステージである『信頼される会社』を着実に目指してまいります。

企業風土としては、常に『見える化』を追求する文化を醸成します。経営の考え方としては、短期的利益と中長期的利益、各種コストを勘案し、どのように企業価値を上げるかを『誠実に』考える体制で、長期の成長ストーリーを考え業界の健全な発展に寄与してまいりたいと考えています。

地盤ネットグループは、経験とナレッジを武器にBtoBからBtoCへ、地盤業界から住生活全般へと、その事業領域を拡大します。その結果生まれるサービス及びシステムを国内にとどまらず、グローバルスタンダードとして海外へと展開していく所存でございます。

なにとぞ皆様の温かいご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

ページトップへ

チャットサポート